パッチリ二重は整形で手に入れよう|病院の口コミをcheck

看護師

ダウンタイムが短い埋没法

目元に触れる人

半永久的な効果の切開法

現代の日本人の美の基準は、西洋人のようにぱっちりした目元がスタンダードとなっています。そのため、くっきりとした二重に憧れる人が多く、二重整形は、美容整形の中で最もポピュラーな施術の一つです。しかし、二重整形といっても施術方法は複数あるため、それぞれの特徴を知り、自分に合う方法を選ぶことが重要となります。二重整形の施術方法は、埋没法、切開法、部分切開法の3つの種類があります。埋没法は、メスを使わずに糸で留めるだけと、手軽にできる施術であるため、多くの人に選ばれている方法です。医療用の糸をまぶたに埋め込み二重を作り、まぶたの裏側で留めるので、メスを使わず傷跡も残りません。術後の腫れも、3日程で落ち着きます。簡単にできる反面、まぶたの脂肪が厚い人は取れやすいというリスクもありますが、留める数を増やすと強化されます。また、気に入らない場合は、糸を取ってやり直すこともできるため、初めての施術にも向いている方法です。口コミでは、他の方法よりも安く施術が受けられるうえ、ナチュラルな仕上がりになると満足している人が多いようです。切開法は、二重にしたい幅でまぶたを切開し、縫合するという施術法で、半永久的に効果が持続するのが特徴です。まぶたの脂肪が厚い人でも、好きな幅にできるため、自分の理想の目元に近づけます。また、切開時にまぶたの脂肪を取ることもできるため、腫れぼったい目を解消することも可能です。切開するためダウンタイムは長く、腫れがひくまでに1週間から2週間程度かかります。口コミでは、ハーフのように幅広の二重になれた、脂肪も一緒に取りすっきりと明るい目元になれたなど、希望通りの二重になれて喜んでいる声が多く寄せられています。部分切開法は、まぶたの一部を切開して縫合し、二重を作る施術です。埋没法と切開法の中間的な施術方法で、切開法よりもダウンタイムが短く、元に戻るリスクが埋没法よりも少ないのが特徴です。ダウンタイムは1週間ほどで、仕上がりは、埋没法のようにナチュラルになります。口コミでは、傷口が小さいうえに、自然な二重になれると好評です。また、埋没法では取れそうな人に、おすすめの方法でもあります。料金の相場としては、埋没法が最も安く、5万円から10万円です。部分切開法は、15万円から20万円、切開法は20万円から30万円が相場となります。施術方法はもちろん、口コミや料金などを考慮に入れて総合的に判断し、自分に合っているのかを決めるのがベストです。